オール電化で光熱費の一本化

電気代自体を直接的に節約できるわけではありませんが、オール電化に一本化するというのも光熱費全体か見れば削減効果がかなりある対策の一つです。オール電化にすることでガス代が不要になるので、結果的に光熱費全体を削減できます。

光熱費の一本化は無駄な基本料を削減できる

一般的な家庭では、「電気」と「ガス」という二つのエネルギーを使っています。こうした光熱費にはそれぞれ利用料に関わらず「基本料」がかかってしまいます。
オール電化を導入した場合、こうした基本料のうちガスの基本料分を完全に無料にすることができます。もちろん、オール電化にすることでこれまでガスに頼ってきたエネルギー利用を電気に換えることになりますので、利用量自体は大きくなりますが、深夜の割安な電気を使ってお湯を付くなど電気代を抑える工夫がオール電化ではシステム化されていますので、電気代自体も削減することができます。

オール電化の課題はイニシャルコストの大きさ

じゃあ、オール電化にした方がお得なのか?といわれるとオール電化を導入するに当たってはこれまで利用してきたガス調理器具やガス給湯機を電気で利用できるIHクッキングヒーターやエコキュート(電気温水器)に交換する必要があります。
そのために必要な費用は工事費なども含めると50万円〜100万円前後とかなりの額になります。確かに毎月の光熱費の削減効果はありますが、標準的な家庭においてモトをとるのにおよそ5年くらいはかかる計算になります。

もちろん、こうしたオール電化商品の寿命は10年以上ありますので、最終的には得をするのですが、どうしてもそのイニシャルコストの高さからオール電化導入をためらう方も多いようです。

 

電力会社の一括比較サイト。新電力が多数登場する中で自分にお得な電力会社を探しましょう。

 

家庭でできる省エネ対策
省エネの基礎知識
省エネお役立ちグッズ紹介
電気代の省エネ
ガス代の省エネ


省エネガイド 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集 リンクについて