テレビ・パソコンの電気代と省エネ

テレビやパソコンなどは長時間使用することが多くそれによって意外と電気代がかかっているものです。使い方次第で多くの節電・省エネにつながりますので、ぜひ試しましょう。パソコンなどはオフィスでの節電等にも役立ちますよね。

テレビの省エネテクニック

 

・消すときは主電源からオフにする
テレビはリモコンで電源を切った場合、リモコンからの電源オンを受け付けるためのスタンバイ状態となっています。この状態でも電気を消費していますので、 長時間テレビを消す場合は主電源からオフにします。また、長期家を空ける場合などはコンセントも抜きましょう。待機電力を0にすることができます。

・画面の輝度を落とす
輝度とは明るさのことです。多くのテレビでは輝度を調整することができるようになっており、この輝度をさげれば電気代が安くなります。また、テレビの明る さはテレビのディスプレイが汚れているとより暗く見えますので、こまめにホコリや汚れを掃除しましょう。(テレビの画面は静電気でホコリなどが付きやすい ので、週に1回くらい掃除をするようにしましょう)

 

パソコンの省エネテクニック

 

・スクリーンセイバーは省エネではない
パソコンを一定期間使わないとスクリーンセイバーが起動します。このスクリーンセイバー起動状態はパソコンの省エネという観点からみるとまったく無意味です。特に3Dを使うようなスクリーンセイバーの起動にはパソコンによけいな付加がかかることもあります。・

・一定時間パソコンを使わないなら電源をオフに
パソコンは起動時に一番電気を使うから、できるだけ電源を切らないほうがいい、という意見もありましたが、それは間違いです。パソコンの場合も同様に使わないときは電源を切るというのが省エネ上正しいといわれています。
ただし、パソコンの起動はテレビなど他の家電製品より時間がかかりますので、ちょっとの離籍であればスタンバイ状態にするというのでも良いでしょう。

 

電力会社の一括比較サイト。新電力が多数登場する中で自分にお得な電力会社を探しましょう。

 

家庭でできる省エネ対策
省エネの基礎知識
省エネお役立ちグッズ紹介
電気代の省エネ
ガス代の省エネ


省エネガイド 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集 リンクについて