太陽光発電のしくみ

まずは、具体的に太陽光発電というものがどのような仕組みで動いているもので、具体的にどんな特徴があるのかということを分かりやすく説明していきます。

太陽光発電の基本

太陽光発電では、まず太陽電池がつなげられた「太陽光パネル(太陽光モジュール)」に太陽の光が当たることで電気が発生します。作った電気はパワーコンディショナーを通じて家庭用の電気として家電製品の電源として利用することができます。
ここでは、太陽光発電というものが具体的にどのような流れを通じて電気を作り出し、太陽光発電システムはどんなシステムにより構築されているのかを分かりやすく説明していきます。
>>太陽光発電の基本

 

売電とは

売電(ばいでん)とはその名前の通り電気を売ることを指します。通常家庭で使う電気は各電力会社から購入する形になっていますが、太陽光発電を導入している住宅の場合は、自宅において電気を発電します。昼間の電気使用量が発電量を下回った場合は、その差を電力会社に販売することができます。このしくみを売電と呼びます。
売電は貯めておくことができない電気エネルギーを送電線という社会的インフラを使うことにより無駄なく活用する方法となっています。
>>売電とは

 

太陽電池の種類

太陽電池と一口に言っても様々な種類の製品があります。ここでは、現在製造・販売されている太陽電池についての種類と特徴を分かりやすく説明していきます。実用化されているものとして「単結晶シリコン」「多結晶シリコン」「アモルファスシリコン」「HIT太陽電池」などの種類があります。
>>太陽電池の種類

 

太陽光発電の単位

太陽光発電システムを導入する場合、原則的な単位は「kW」がその単位となります。つまり、何kWの太陽電池モジュールを設置するか?というお話です。単位を大きくするほど発電量は増加しますが、その分多くのモジュール数が必要になるのでコストもアップします。
>>太陽光発電の単位

 

停電と太陽光発電

太陽光発電システムは、災害などで電力会社からの電気の供給がストップした場合、緊急用の電源としても利用することが可能です。もちろん、供給可能なのは太陽の光がある昼間のみとなりますが、非常用電源として家電製品の動力として利用可能です。(曇り・雨でも多少は発電できます)
>>停電と太陽光発電

 

太陽光発電の理想的な設置方法

太陽光発電は太陽の光というものを利用する発電方法です。そのため、太陽光発電を設置する場合は、太陽の光をできるだけ多くあびることができる場所に設置するのが良いとされています。ここでは、太陽光発電の理想的な設置場所を考えるポイントを解説します。

 

太陽光発電についてもっと詳しく知りたいという方へ
太陽光発電システムの導入や導入を検討している時の注意点などを知りたいという方は「太陽光発電比較 太陽光発電システムの賢い選び方」がお勧めです。長所や短所、業者選びのコツなども説明されています。

 

電力会社の一括比較サイト。新電力が多数登場する中で自分にお得な電力会社を探しましょう。

 

家庭でできる省エネ対策
省エネの基礎知識
省エネお役立ちグッズ紹介
電気代の省エネ
ガス代の省エネ


省エネガイド 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集 リンクについて