太陽熱温水器のしくみ

太陽熱温水器の仕組みでは、太陽熱温水器がどのようにして太陽のエネルギーを熱に変えていくのか、その仕組みについて分かりやすく説明していきます。

太陽熱温水器がお湯をつくる仕組み

太陽熱温水器がお湯を作る仕組みですが、屋根などに設置した集熱器に太陽の光が当たることでその光エネルギーを熱エネルギーとして集めます。集める方式としては「平板型」と「真空型」の二種類があります。

平板型

構造としては最もシンプルな集熱器。集熱面に熱媒を接触させており、低コストでの製造が可能となっています。ただし、集光側での熱損失も大きいことから100度以上の高温を得るのは難しいとされています。

 

真空型

真空型は内部を真空にしたがらす管の中に熱媒を通す管と集熱板を設置した構造を多数並べるタイプの集熱器。構造はやや複雑ですが、熱損失が少ないことから、高性能となっています。

 

太陽光発電についてもっと詳しく知りたいという方へ
太陽光発電システムの導入や導入を検討している時の注意点などを知りたいという方は「太陽光発電比較 太陽光発電システムの賢い選び方」がお勧めです。長所や短所、業者選びのコツなども説明されています。

 

電力会社の一括比較サイト。新電力が多数登場する中で自分にお得な電力会社を探しましょう。

 

家庭でできる省エネ対策
省エネの基礎知識
省エネお役立ちグッズ紹介
電気代の省エネ
ガス代の省エネ


省エネガイド 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集 リンクについて