ウォームビズ / 省エネへの取り組み紹介

ウォームビズ(WARM BIZ)とは、2005年環境省が冬場のクールビズとして推進した活動です。冬場に暖かい格好をすることでオフィス等の暖房の設定温度を20度にすることで省エネを実現しようとする取り組みです。クールビズと比較すると省エネ効果自体は高いですが、やや活動としては小規模でした。

ウォームビズにおける主な取り組み・内容

ウォームビズの期間は11月1日〜3月31日までの5ヶ月間の期間、温室効果ガス(Co2)削減のために、冬場のエアコンの設定温度を20度にしようという活動です。それにあわせた暖かいビジネス用の格好(ファッション)なども提案されています。

実際に環境への負荷を考えた場合、冷房よりも暖房の方がエネルギーの消費量は大きいことから、クールビズを推進するよりもウォームビズを推進する方が環境・エコロジーの観点からみると優れています。

しかし、実際のところクールビズという夏場の問題に対しては電力量不足の観点から電力会社も積極的に推進を行っていましたが、冬場の場合多くの家庭では化石燃料を利用した暖房(ファンヒーターなど)の利用もあり、電力量に余剰があることから、電力会社自体があまり積極的に活動を行っていません。

 

電力会社の一括比較サイト。新電力が多数登場する中で自分にお得な電力会社を探しましょう。

 

家庭でできる省エネ対策
省エネの基礎知識
省エネお役立ちグッズ紹介
電気代の省エネ
ガス代の省エネ


省エネガイド 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集 リンクについて