デポジット制度

デポジット制度とは、リサイクルを念頭に置いたシステムで、製品を消費者に販売する際一定額の「デポジット」を上乗せして販売して、使用後に返却された場合にはデポジットを返金することによりリサイクル効率を上げようとする制度です。

古くから、ビール瓶などではこうしたデポジット制度(預託金制度)が採られていましたが、ビール瓶のリサイクル率が90%を越える点を見ると有効な手段であると考えられています。デポジット制度は、任意であるリサイクルを、デポジットの返却という金銭的なインセンティブを付与することにより、返却(回収)がすすみ、結果としてリサイクルに役立つと考えられています。
諸外国でも広く採用されているシステムです。

おすすめ情報
エコ環境ビジネス用語辞典
エコロジーや環境などに関する様々なキーワードを横断的に解説しています。

 

家庭でできる省エネ対策
省エネの基礎知識
省エネお役立ちグッズ紹介
電気代の省エネ
ガス代の省エネ


省エネガイド 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集 リンクについて