ヒートアイランド現象

ヒートアイランド現象とは、都市部において、その気温が周辺と比較して異常に高くなる減少のことを指します。都市中心部を中心に気温の等温線をひくと、島のように見えることから、ヒートアイランド現象と呼ばれています。

ヒートアイランド現象が起こる原因としては、緑地や水辺の減少、アスファルト・コンクリ-トによる熱吸収の増加、産業活動や生活による人工的な排熱の増加、高層建築物による風の流れの変化など様々な要因があるとされています。化。
ヒートアイランドが進めば進むほど、冷房需要が増加し、それが排熱の増加を招いてヒートアイランドをさらに促進するという悪循環も指摘されている。
2002年にはヒートアイランド対策関係府省連絡会議が設置され、04年には対策要綱が取りまとめられています。

近年では、ヒートアイランドの緩和策として、屋上緑化、壁面緑化、散水などの対策が採られる地域や自治体も増加傾向にあります。

おすすめ情報
エコ環境ビジネス用語辞典
エコロジーや環境などに関する様々なキーワードを横断的に解説しています。

 

家庭でできる省エネ対策
省エネの基礎知識
省エネお役立ちグッズ紹介
電気代の省エネ
ガス代の省エネ


省エネガイド 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集 リンクについて