光触媒

光触媒(ひかりしょくばい)とは、その名前にあるように、光(太陽の光やランプの光など)を浴びることにより、光触媒自身は変化することはありませんが、化学的な反応を促進させる物質を指します。具体的には、一定以上の光を浴びることにより強力な酸化力を得て、接触する様々な有害物質を分解する子tができます。

このため、最近では、様々な製品などに応用されており、脱臭効果、防菌効果などもあるとされています。家庭製品はもちろん、最近では、歩道などにも応用されています。

おすすめ情報
エコ環境ビジネス用語辞典
エコロジーや環境などに関する様々なキーワードを横断的に解説しています。

 

家庭でできる省エネ対策
省エネの基礎知識
省エネお役立ちグッズ紹介
電気代の省エネ
ガス代の省エネ


省エネガイド 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集 リンクについて