フィードインタリフ

フィードインタリフとは、Feed in Tariffsの略で、固定価格買取制度とも呼ばれます。エネルギーの買取価格(タリフ)を法律により定めるエネルギー助成制度です。代表的なものに、太陽光発電システムなどにより発電されたクリーンエネルギーについて電力会社の売電額を固定化させるものなどが挙げられます。

通常は、市場の買い取り価格よりもより高い価格で買い取ることにより、太陽光発電システムなどの自然エネルギーを生み出すための設備投資意欲を向上させることを目的としています。
1990年にはドイツにおいて大規模に採用され、その後太陽光発電や風力発電などの設備投資が大幅に増加したことが知られており、日本でも太陽光発電システムにより発電した電気の買取については、フィードインタリフが検討されています。

おすすめ情報
エコ環境ビジネス用語辞典
エコロジーや環境などに関する様々なキーワードを横断的に解説しています。

 

家庭でできる省エネ対策
省エネの基礎知識
省エネお役立ちグッズ紹介
電気代の省エネ
ガス代の省エネ


省エネガイド 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集 リンクについて