家庭でできる省エネ対策電気代の省エネ>電気代節約のテクニック

電気代節約のテクニック

電気代を節約するには様々な方法があります。ここでは、省エネにもつながり、家計にも優しい電気代の節約術を分かりやすく紹介していきます。

電気というものは私たちの生活にとってはなくてはならないものです。それは電気というエネルギーは非常に使い勝手が良いからです。その分、光熱費において占める割合も多く、省エネを行うことによって節約効果も生まれやすいです。

省エネによって電気を使う量を減らすのはもちろんですが、それ以外にも電力会社のお得な電力プランを活用するなどすれば、大きく電気代を節約することも可能です。

電気契約で電気代を節約

各家庭ではそれぞれ、電力会社と電気代に関する契約を結んでいるはずです。電気代の契約については各電力会社ごとに様々な契約プランを用意しています。場合によっては大きく電気代を節約することもできますので、ぜひ活用しましょう。

一人暮らし・共働き世帯は「時間帯別電灯契約」を使う

一人暮らし・共働き世帯では、昼間に自宅を留守にすることが多いはずです。そうした場合に活用したいのが、各電力会社が設けている契約プランである「時間帯別電灯契約」です。各電力会社により名称は異なりますが、昼間の電気代単価がアップする変わりに夜間の電気代単価大きく割引される制度です。
>>一人暮らし・共働き世帯は「時間帯別電灯契約」を使う


契約アンペアを下げて電気代の基本料金を引き下げる

契約アンペア数を見直すことで電気代を大きく削減することも可能です。アンペア数は小さくすることで同時に使える消費電力の総量に制限が出てくることになりますが、その分毎月の基本電気料金を引き下げることができます。
>>契約アンペアを下げて電気代の基本料金を引き下げる


オール電化で光熱費の一本化をして光熱費節約

電気代自体を直接的に節約できるわけではありませんが、オール電化に一本化するというのも光熱費全体か見れば削減効果がかなりある対策の一つです。オール電化にすることでガス代が不要になるので、結果的に光熱費全体を削減できます。
>>オール電化で光熱費の一本化をして光熱費節約

 

 

家電製品の使い方で電気代を節約

いつも使っている家電製品、無駄に電気を消費していませんか?家電製品の使い方次第では電気代を引き下げることができたり、省エネ・エコロジーに貢献することもできます。

電球・照明の電気代と省エネ

電気代の節約テクニックとして「白熱電球」を「蛍光灯(電球形蛍光灯)」や「LED」に切り替えるというのも一つの節約方法です。将来的には白熱電球は生産が終了することが規定路線ですが、実際に白熱電球を蛍光灯やLEDに交換することでどれだけ電気代を節約することができるのか、導入コストを含めて検証します。
>>電球・照明の電気代と省エネ


エアコンの電気代と省エネ

エアコンはもはや現代では必需品ともいえる生活家電の一つになっています。ただし、エアコンは家電製品の中でも指折りのエネルギーを必要とする家電製品でもあります。ここでは、エアコンを使う上での省エネの方法などを分かりやすく説明していきます。
>>エアコンの電気代と省エネ


暖房・ヒーターの電気代と省エネ

冷房と並び冬場に使うことが多いのが各種暖房器具です。暖房器具は冷房と違い、多種多様な製品が販売されています。ココでは、各暖房・ヒーターの電気代とその特徴、省エネのポイントなどを分かりやすく説明していきます。
>>暖房・ヒーターの電気代と省エネ


電池は充電池を活用する

電池は消耗品だと思っていませんか?でも充電池は高いという方もいらっしゃるでしょう。しかし、最近の充電池は1000回以上の充電が可能となっており、1回の充電にかかる費用は数円です。毎回電池を買い換えるよりも充電池をリサイクルした方が総合的な家計と環境に優しいのです。
>>電池は充電池を活用する

 

電力会社の一括比較サイト。新電力が多数登場する中で自分にお得な電力会社を探しましょう。

 

家庭でできる省エネ対策
省エネの基礎知識
省エネお役立ちグッズ紹介
電気代の省エネ
ガス代の省エネ


省エネガイド 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集 リンクについて