太陽光発電の経済性(太陽光発電は元が取れるのか?)

多くの方が気になるのが、太陽光発電システムを自宅に設置した場合に「モトが取れるのか?」ということではないでしょうか?ここでは、具体的に太陽光発電を自宅に導入した場合と、電気代の削減や売電によりどのくらいで「モト」が取れるのかを経済的に分析します。

太陽光発電はモトは取れない?

太陽光発電は導入コストが高く、発電した電気を売ることができるといっても、光熱費の削減や売電による利益で導入費用(イニシャルコスト)を回収することはできない(その前に太陽電池が使えなくなる)。という意見が多いようです。果たして本当にそうなのでしょうか?ここでは、具体的に太陽光発電システムの経済性についてシュミレーションを加えながら説明していきます。

 

太陽電池の寿命

家庭用の太陽電池に対する寿命についてはメーカーも保障期間を設けてはいるものの、経年劣化に対する具体的なシュミレーション結果などは出していません。しかし、研究によると20年の使用により、発電量の減少は1割未満であるという研究も出ています。メーカー自体の保障期間も20年以上ある製品もありますので、現在ではかなりの高寿命商品となっています。

 

売電価格

現在のところ太陽光発電システムによる発電した電気のうち余剰分については電力会社側が買い取りをすることになっていますが、09年11月より売電価格が大幅に引き上げられました(太陽光発電の新たな買取制度)。2010年現在は1kWhあたり48円とおよそ2倍に引き上げられています。
これによって太陽光発電の経済的なメリットは大幅に改善しています。
(詳しくは「売電とは」の項目をご覧下さい)

 

太陽光発電はモトが取れる!

2010年現在、平均的な導入価格(1kWのシステムあたり70万円程度)で太陽光発電を導入した場合、機器代金の償却まではおよそ10年〜15年程度で元が取れるといわれています。
もちろん、利用状況・使用条件などによってある程度は異なります。

 

 


・太陽光発電システムなら(外部)
地球環境のことを考えながら、かつ光熱費の削減という経済的なメリットを両立させませんか?ベストオール電化プラザは皆様の創エネを全力でサポートいたします。

 

電力会社の一括比較サイト。新電力が多数登場する中で自分にお得な電力会社を探しましょう。

 

家庭でできる省エネ対策
省エネの基礎知識
省エネお役立ちグッズ紹介
電気代の省エネ
ガス代の省エネ


省エネガイド 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集 リンクについて