フードマイレージ

フードマイレージとは、食べ物の輸送距離という意味で、食品の生産地と消費地が近いほど、フードマイレージは小さくなり、遠方から輸送した食品ほど大きくなります。フードマイレージが大きいほど、輸送による二酸化炭素等の排出量が大きくなることから、それだけ環境に負荷をかけているとして地産地消を促進する意味でも近年多用されています。

フードマイレージ自体は1994年にイギリスのティム・ラング氏が提唱したとされ、日本では2001年に農林水産省により導入されました。

おすすめ情報
エコ環境ビジネス用語辞典
エコロジーや環境などに関する様々なキーワードを横断的に解説しています。

 

家庭でできる省エネ対策
省エネの基礎知識
省エネお役立ちグッズ紹介
電気代の省エネ
ガス代の省エネ


省エネガイド 運営情報・リンク
お問い合わせ・運営情報
リンク集 リンクについて